プラスチックごみリサイクルの現場見学

全国でも珍しいケミカルリサイクルと材料(マテリアル)リサイクルの2つの工程を行っているJFEプラリソース株式会社を見学させていただきました。

各自治体から集められた容器包装プラスチックごみを処理する様子

綾瀬市の今年度の容器包装リサイクル請負先でもあり、とても興味深くお話しを聞きました。

ケミカルリサイクルでは、鉄を作るための高炉にくべられる、コークスと同じような働きをする燃料に、材料リサイクルでは、プラスチックをプラスチックで再利用するためのペレットや、ここでは、NFボード(ベニヤ板に似たのも)を作っており、その工程を知ることができました。

材料リサイクルで作られるペレット

プラスチックごみがリサイクルされている量は、総量1000万トンと言われているもののうちの全国で67万tしかありません。

その工程は自治体から搬送されてくるところから環境負荷が大きく、(川崎にある工場に委託先が北海道からプラスチックごみが運ばれている)リサイクルの過程においても手間と時間をかけても、残渣が出てしまい、全量がリサイクルできるわけではありません。

全世界的にプラスチックごみを減らさなければならない現状では、リサイクルだけではとても追いつかないことがよくわかりました。やはり発生そのものを抑えて、総量を減らしていくことが大切です。

鉄を作る会社に併設されているため、スチール缶に入った飲み物を推奨されました。