次世代につなぐ平和

2018年8月8日 12時09分 | カテゴリー: 活動報告

 

綾瀬市では毎年、小学生を広島へ派遣する平和事業を実施しています。

 

今年も、あやせっこ平和学習生として派遣された20人から報告会がありました。平和・人権映画会も同時に開催されました。

報告会では、子どもたち一人ひとりから、心に残ったことなどが発表されました。

「戦争は何もよいことはおこらない」「一人で解決はできない、みんなで知り戦争のない世界へしたい」という言葉や、なぜ、平和学習生に応募したかの動機、また実際に学び、二度と原爆が落とされる世界にならないために自分ができることとして「身近な人に伝えていくこと」「一人ひとりの想いが平和へつながると信じている」と自分事として語られることが頼もしく感じました。

会場の様子

原爆が投下されてから73年の月日が経ちます。戦争を体験した世代が少なくなり今まで以上に、戦争、核のない世界へするために一人ひとりの行動が大切になってきています。次世代へ平和をつなぐために、子どもたちが肌身で感じることができるこの事業の大切さを改めて感じます。