選挙権を行使しようー成人の日によせてー

2018年1月12日 10時21分 | カテゴリー: 活動報告

綾瀬市において成人を迎えられた836人のみなさん、おめでとうございます。

2018年1月8日オーエンス文化会館において式典が開かれました。会場内には「投票に行こう」というブースが設けられていました。

 

昨年の参議院議員選挙は、選挙権年齢が18歳以上へと引き下げられてから、初めて実施された国政選挙でした。総務省の資料によると、その投票率はおよそ18歳51%、19歳32%、20歳代が35%、30歳代で44%。若年層の投票率の低さは今に始まったことではありませんが、この選挙では30代までの年代で、投票率が50%をきっていました。また情勢や天候の影響もありますが、全体的な投票率が低下傾向にあるのも問題です。

 

投票率の低さは政策にも反映されます。政治は生活と結びついています。自分たちの政策を反映させるためにも投票に行き、声の代弁者となる政治家を選ぶことが必要であり、今後ますます重要となってきます。新成人を迎えた皆さんだけでなく、選挙権を持つ全てのみなさん、選挙に行きましょう。