綾瀬市の就学援助費新入学用品費の、増額、中学生への前倒し支給が可決~9月議会報告①~

2017年10月6日 14時54分 | カテゴリー: 活動報告

 

綾瀬市9月議会一般会計補正予算案が審議され、私たちも賛成し可決しました。

要保護および準要保護児童・生徒就学援助事業費の新入学用品費の増額、それぞれ国の基準に合わせ、4万600円と4万7400円に。また、中学生の新入学用品費の前倒し支給が、これまでの7月支給から制服などの入学準備に間に合う1月支給に変更となるものです。

このことは、平成28年12月定例会において市民から「就学援助の入学準備金など制服時期に間に合う支給の制度拡充を」との請願が出されたものです。私たちは賛成しましたが、なぜか、残念ながら、その時点では、反対多数で否決されてしまっていたものでした。

そもそも、入学準備品費の支給がすべてを購入し終えた7月に支払われていたことが、実態と合っていないものでしたが、今後、その期ずれが解消されることになります。今後は小学生の入学準備品費の支給の時期も変更となることを望みます。

また、中学入学準備品は約10万円程度かかります。これらは、学校指定のものが多いため、安価な代替品は少なく、平均的な収入がある子育て世帯においても、全体的に保護者への負担を強いるものとなっていることもまた事実です。学用品費全体の見直しも今後検討していくべきです。