12月議会報告 改正労働者派遣法は撤廃に!~意見書提出に賛成討論しました~

2015年12月24日 07時29分 | カテゴリー: 活動報告

 

 今回の改正で、派遣期間の見直しが行われ、それまで継続して働くことができていた専門26業務の区分を撤廃し、全ての業務で個人としての単位で、同じ職場の派遣期間は3年までとなりました。また企業はすべての職場で人を替えれば派遣で使い続けることができるようになります。

 このことは専門26業務で継続して働いてきた人にとっては派遣会社との契約などがなければ強制的に望みを絶つものであり、また今まで正社員が担っていた仕事が派遣の仕事に置き換えられることも考えられ、今後も社会保障がない不安定な働き方を強いられる人が増えます。

 働き手が未来を創造できなければその先の将来設計はできず、結婚したいけれどできない、子どもを産み育てようとは思えなくなり、次世代へのくらしをつなぐことは難しくなります。私たちは未来へつなぐ働き方と暮らしが大切と考え改正労働者派遣法は撤廃を求めます。