震災から4年、脱原発を目指しできるところから始めよう!~東日本復興支援まつりに参加して~

2015年11月11日 08時16分 | カテゴリー: 活動報告

 

 4回目の東日本大震災復興支援まつりに参加しました。私たちは来年4月からの電力小売り自由化になるのに先駆けて、自然エネルギーを買いたい宣言「パワーシフト宣言」を集める活動を行いました。原子力、石油、石炭などから作られる電力ではなく、風力や太陽光などの自然エネルギーから発電した電力を供給する会社から電気を買いたいと思っていると意思表示をすることで、それらの会社を応援しようという国際環境NGO FoE Japanが行っているキャンペーンを推進したものです。

 未だに放射性物質を放出し続ける福島第一原発があるにも関わらず、原発再稼働への動きがとまりません。来年4月から一般家庭でも電力会社を選べるようにはなりますが、脱原発へ一歩前進できるようにしたいものです。またその前にまずするべきこと、それは今までも言われてきたことではありますが、「節電」ということも学びました。震災事故から4年、未だに多くの人が放射能に悩まされています。今回の復興支援まつりにて再度このことを忘れない、そして寄り添い、また共に考えていきます。