はたい陽子の政策提案3「共に働き、共に生きるために」

2015年4月22日 22時00分 | カテゴリー: 活動報告

 今日は夕方から雨になりましたが、傘をさして私の政策を訴えました。
 現在、「働きたくても働けない」「過酷な条件で働き続けられない」など、若者を取り巻く社会経済状況は深刻です。今こそ、未来を担う若者が希望を持って働ける「ワークライフバランス社会」に転換していくことが必要です。そのためには、若者一人ひとりの状況に合わせた自立への継続的な支援ができるように、以下の施策を提案します。

 

 ◆身近な地域にワンストップの生活・就労相談を広げます
 ◆ 労働教育や労働体験プログラム制度を充実させます
 ◆中間的就労、就労訓練に取り組む企業・NPOを支援します
 ◆シェアハウスや生活支援付き住宅制度をつくります